僕らははてブを愛しすぎていた

はてブを愛しすぎた故に、憎悪に彩られた何方かへ。

はてブときりたんぽ

これ、どう扱っていいのかよくわからんな。たとえば、偉い作家の先生が同じタイトルで小説を執筆、出版されていたら回収騒動になったのかね。

とはいえ、印象が悪くなることはおおむねそうだろうと言えそうなので、こうなるのも当然の帰結か。

www3.nhk.or.jp