僕らははてブを愛しすぎていた

はてブを愛しすぎた故に、憎悪に彩られた何方かへ。

はてブと褒める

この記事を読んだ。コメントを見た。

note.mu

この業界には居ないので詳細はわからんが、腐すコメントがちらほらあって、そりゃあっても不思議はないんだけど、その方向性がよく分からないのが大半でモヤモヤする。

広告を非表示にする

はてブと新聞の購読者数減少

これ、この記事はネガティブだけど、全国紙的なメディアがそのまま消滅することはないでしょう。形態を変えていくなかで縮小することはあるだろうし、それはもはや全国紙とは言えなくなるかもしれない、ということはあるかもしれないが。支離滅裂。

gendai.ismedia.jp

コメントも散漫な感じ。みんなはニュースをどこから得ているのだろうか。

はてブと小説や文章の感覚みたいなもの

あけましておめでとうございます。そろそろこのブログも飽きてきたんだけど、あるとたまに便利なので、やっぱりたまに更新するだろう。よろしくお願いいたします。

言わずもがなバズっている、この記事だが。

cruel.hatenablog.com

ブコメ、小説に対するいろんな感覚があることがわかる。おもしろい。

以下のようなのとか。

とても読めない けどせっかくのAIなんだからもっと向いてることをさせるのはどうなんだろう こうやって話題になるのだからこれで正しいのか

このコメント氏は、今回の文章をまっすぐに楽しんでる人たちなど信じられないのだろうなと感じる。

マルコフ連鎖で文章生成」するプログラムに映画のあらすじ食わせれば似たような感じでもっと面白いのが大量にできるよ(10年前に流行った)。これは知能じゃない。

 「「マルコフ連鎖で文章生成」するプログラム」こそ知能じゃなかろう。偶然なんだもの。「もっと面白いの」が知能の判断基準だとすれば異論はないけどね。

ほかにもマルコフ連鎖うんぬんというコメントがあるけど、これ、AIが文章を書いているんだからねって話なんだよな。継ぎ接ぎでオモシロ文章になってるわけじゃない。

しかし支離滅裂すぎて小説かなあ

人間って秩序的な生き物なんだなぁと思える話

なんてのは、控えめに示唆的ではあるが。

感動の意味がわからないね。構成もストーリーもあったもんじゃない。こういうのが好みなら精神異常の人が書いた文章を探してみたら良い

構成もストーリーもしっちゃかめっちゃかでも面白い文章というのはあって、精神恒常の方の文章でも構成もストーリーもあったもんじゃない文章もたくさんあって、つまるところ好みの話ではない。AIがこの文章を書いたという話なんですってば。

創造性というのは、むしろ型にはめる事なので、この人は創造性について根本的に勘違いしている。このAI文章は型にはまっていないから意味不明なデタラメなのである。

というようなコメントは、以下の

英語としては、文法的に正しい。それどころか、読みやすい。J・K・ローリングの文体の特徴を捉えているとさえいえる。リズムとかね。なのにわけわかんない。確かに衝撃的だわ。

というようなコメントに相殺される。

ジェイムズ・ジョイスラヴクラフトをあげてるひとも居るのも面白い。

ざっと見た感じ、こんな感じ。

はてブとデフレは人災

これな。

jp.reuters.com

コメントは色々とあるなかでみんな触れていないけど「よいデフレ」と宣ってた輩や「財政当局が~」とか呪詛を唱えていた輩が何処へ消えたのかを知りたい。

まだいるのかもしれないけど。

はてブと拡散するデマ

問題になっていたけど、こういう展開をみせたか。複数のサイトってことだけど、どこなんだろうね。被害者側の関係者の方がツイッターで被害を訴えていたような記憶もあるが、どうだったろうか。

headlines.yahoo.co.jp

容疑者の名前が報道されることがなければ起きようもなかった事件、とも言えるような気はするが、本記事執筆時点でブコメでの言及はないな。

はてブと教育関係者

この記事である。

www.sankei.com

この記事の核心はここだと思うんだけど。

だが、それ以上に女性を苦しめたのは、周囲の反応だった。10月、教育関係者が集まる交流会に出席すると、事件を「単なる事故」と切り捨てられ、「児童が感情をむき出しにするのはむしろ良いこと」「小学生をなぜそこまで追い詰めるのか」と、被害届を出したことを逆に非難されたという。

 この論点から先は、誰が頑張ればいいという話なんだろうな。

コメントはいろいろと言及するポイントがまちまちで、ふーんって感じ。

はてブと自分なりに考えたこと

首を突っ込んでしまったからには。

はあちゅうさんの案件にまつわるヨッピーさんのブログの続報である。

yoppymodel.hatenablog.com

僕は、このあいだのヨッピーさんの記事の主張は全然アリだと思ってるわけで、この記事では本件の本体には着手しません。

また、実際、はあちゅうさんの騒動はかなり微妙な領域の問題だとは感じている一方、ストレス過ぎ、あんまりタッチしたくないので触れませんし、調べません。

先日の記事で述べた通り、なんで応援してるのに追い風にならないようなセクハラ発言(かどうかは断定できないけど)についてこのタイミングでツイートしてるのかという点が僕の気になったところでした。

で、今回、そこにも言及してくれました。

「なんでそんなことをするんだ」と言われたら僕も返答に困るのですが、なんとなくそういった行動を「ロックだぜ!」と思っていたからです。「そういう発言を嫌がる人は僕の記事なんて読まないし寄ってもこないだろう」という認識もありました。

過去の僕の記事にはひどいものがたくさんあるのですが、フォロワーの人も増え、読んでくれている層が拡大するにつれ配慮すべき層も同じく拡大してきたことから、「このままではいかんぞ」と思って徐々に軌道修正をかけながら今まで歩んできたつもりでして、そういう意味においてのセクハラだと取られかねないような言動は慎んでいるつもりでもあります。

 そもそも個人的な所感として、ヨッピーさんの使った単語は、はあちゅうさんの使った単語よりもよっぽど下品でエグイと思うわけであって、ツイッターという道具の気軽さもあるかとは感じるが、そのへんなのであった。

まぁ、それだけ安易な問題じゃないって話で、よく分かんないけど、頑張ってください。応援できることは応援します。

元の記事が叩かれる方向性は相変わらずよく分かんないけど。

ただまぁ、ヨッピーさんのツイートもろくに確認してないけど。

metooの流れを阻害するから『童貞って言われて傷ついた』みたいな人はいったん置いておいてくれ」みたいな理屈はまさにその表れだと思います。

というような旨の発言があったならやっぱりバカだなぁと思うしかないわけで。よく分かんないけど、頑張ってください。応援できることは応援します。

ツイッターはてブの一言コメントってなんでみんなトゲトゲしてるんだろうね。